パート保育士が仕事と育児をつづる:チャイルドノート 

平凡な主婦が独学で保育士資格を取得。

保育士の職業病はぎっくり腰って本当??

こんにちは😊

独学で保育士資格を取得後、保育園でパート勤務をしている保育士ママです。

今回のテーマは【保育士の職業病はぎっくり腰って本当??】です。

よく聞きますね。

「保育士あるあるなんでしょ〜?」
「みんな1度は腰やっちゃうんでしょ〜?」

私もこの仕事を始める前から、ずーっと思ってました。

そう。分かっていたのに。

気をつけることはいくらでもできたのに。

「アラフォーなんて、言ってもまだ若いんだからぁ〜♪♪」
(๑´3`๑)۶♪

と、特に(体のケアなど)何も対策をしてこなかったツケを、ついに払わされる時が来てしまいました。

後悔先に立たず。

恐れていたぎっくり腰デビューをしてしまいました
(TдT)

私の凝り固まった筋肉に、容赦なく襲ってきたソレ。

きっかけは、ある時保育園で子供を抱っこしようとした時のことでした。

「○○ちゃんおはよ〜💕」

なんて言って持ち上げようとした瞬間、

「グキッ!」

っと私の筋肉が音を立てたのが分かりました。

「え!?ヤバいのでは…!?😱」

「これはヤバいやつなのでは!?」
とは思ったものの、ギリギリまだ動けたので職場では何も言わず。

(痛いとか言ったら、絶対周りに気を遣わせてしまう😰💦💦)

という自分の良くないクセが発動し、何とか耐える私。

ヘロヘロになりながら帰宅すると、もはや真っ直ぐ立つことすら不可能な状態に。

ここまで腰が悪化しているにも関わらず、

「ワンチャン寝たら治るのでは!?♥」

という淡い期待を胸に翌日を迎えると…

…もはや痛すぎて起き上がれない!((((;゚Д゚))))

「さすがに仕事休むかぁ…😔💧」

と、整形外科に行き湿布を貰ってきました。

翌日痛みに耐えながら出勤すると、

「あ〜!やっちゃった系?私もやったことある〜」

「保育士あるあるだよね〜😆」

と、やっちゃったことある保育士多し。

意外と若い先生にもぎっくり経験者がいまして。

「これは歳関係ないな…🤔」

と思った私は、腰の筋肉の固まりをほぐすべく早速フォームローラーを買いました。

↑↑※使い込み過ぎて、ロゴシールが剥がれかけてる💦

ぎっくり腰になる⇒1度なると繰り返すらしい⇒予防ケアを始める⇒フォームローラー購入

という流れも、ぎっくり腰あるあるのようで。

私の周りでも、ぎっくり腰になってからフォームローラーを使いだした人、いました。

ということで、数ヶ月前からフォームローラーを使い始めたんですが。

コレが良い!!

凝り固まっていた全身の筋肉がほぐれて、柔軟性が出てきたのが分かり

またぎっくり腰になるかも
((((;゚Д゚))))💦

みたいな恐怖が消えました。

最初は腰をフォームローラーに当てると、ゴリゴリと凝り固まった筋肉の音がしていたんですが、使い続けていくと徐々にゴリゴリ音が減ってきまして。

ついでに全身の筋肉をコロコロしてほぐしていくと、翌日の疲れも取れるのが実感できます。

※仕組みで言うと、フォームローラーでマッサージをすることで、下半身に溜まった乳酸(疲労物質)がなくなるため。

これは買ってよかった♪


「保育士の仕事はぎっくり腰になるから大変!」

ではなくて今回の件は、ただの私の体ケアへの怠慢さが招いた結果でした。
(´・ω・`)💧

確かに子供を抱っこしたり、重いものを持つ機会は多い保育士の仕事。

でも毎日腰のケアを始めた私は、もうぎっくり腰に怯えません。

腰の筋肉にも柔軟性が出てきていい感じ♪😘

↑※立派なアラフォーなくせに、何もアンチエイジングをしてなかった私の方が人生ナメすぎでしょ💦



やりがいのある保育士の仕事💕
無料で資格の資料請求できます♪
↓↓↓

簡単60秒で資料請求!保育士講座の資料請求はこちら(無料)

保育士

【キッズライン】ベビーシッター