パート保育士が仕事と育児をつづる:チャイルドノート 

平凡な主婦が独学で保育士資格を取得。

中学受験を成功させる脳みそ作りは、遊びの体験だと実感!


こんにちは😊

独学で保育士資格を取得後、保育園でパート勤務をしている保育士ママです。

今回のテーマは【中学受験を成功させる脳みそ作りは、遊びの体験だと実感!】です。

私の娘は現在、女子御三家と呼ばれる私立中学に通っています。

ゆっくり当時の事を振り替えれるようになった今、改めて実感するのは、

あの時の遊びの経験が、第一志望校合格に大いに貢献してくれた!
ということ。

あの
「ついてこれない人は容赦なく置いていきます!」

で有名な(←いや、正確にはそんなこと塾は言ってませんが)難関進学塾サピックスでの激ムズ受験問題に、当時の遊びの体験がリンクすること、リンクすること。

「あ!コレ知ってる!」
「○○の体験やった時、ほんとにそうだったよ!」
「改めて(テキストで)出てきたね!」

と、一緒に思い出話に花を咲かせながら、娘と話したことを覚えています。


以前「子育てカテゴリー」でも育児日記として記事を書きましたが、娘が小さい頃から(今思えば)知育のようなことを沢山沢山していた私。

とはいえ、基本は子供が興味を持ちそうな…
もっと言えば「娘が好きそうな遊びや体験」を山ほどしてきました。

当時は

「中学受験に役立つから🤗♪」

という裏テーマは全くなく。(ほんとです)

純粋に

「時間がたっぷりある子供時代にこそ、世の中の沢山の事を身を持って知ってほしい!」
という想いから、週末ごとに出かけたりしていました。

※今思えば、当時専業主婦だった私の
「週末ぐらいどっかお出かけさせてよ〜!😫」という私のワガママでもあったな、とも思いますけども★
(付き合ってくれた旦那さんには感謝です)

具体的にどこに行ったんだっけ?🤔
どんな体験をしたんだっけ?

…と、当時よく書いていた自分の手帳を開いてみると…
(※↑スマホメモに書きなさいよ)

ありました、ありました!!
やっぱり色々やってました。

・乳搾り
・シュノーケル
・乗馬体験
・川遊び
・果物狩り
・医療体験
・里山探検
・点字作り
・科学の祭典
・うどん作り
・食品サンプル作り
・琉球ガラス作り
・ロッテ工場見学
・森永工場見学
・縄文体験
・野菜収穫体験
・山登り
・水族館
・科学技術館
・科学未来館
・陶器作り

…などなど。
(書ききれないのでもうやめますが、まだまだあります)

果物狩りなら、「植物のしくみ」

科学館なら「科学のしくみ」

水族館なら「魚の生態について」

旅行なら「日本の地理」

↑この辺、バンバン小学校の勉強でも出てきますよね。

当然塾でもバッチリやります。

もちろん全てが受験問題に直結する訳ではありませんが。

明らかに娘の貴重な子供時代の人生を豊かにしてくれた体験だったな、って思います。



中学受験を考えているお子さんは、小学校4年生(※正確には3年生の2月)からは勉強が本格化します。

…ということは。

我が家の場合、上記の体験は9歳くらいまでで全て経験してるってことですね。

逆に言うと、もう3年生くらいまでしか塾の課題を気にせず遊べる時間がないということ。

あ、改めて短期間で色々お出かけさせてくれて。旦那さんありがとうございます(笑)
(´・ω・`)ペコリ

でも、この体験があったからこそ娘は「世の中の事象」を自分ごととして理解し、

そこから

「これから習うことは、とても大事なことなのだ」という、学びの根本
を理解して、積極的に勉強していったように思います。

よく、偉い学者さんなんかが

「子供の頃はとにかく遊べ!」
「受験勉強なんて小さい時からさせなくていい!」
「自然に触れさせるのが1番!」
「実際僕なんて、山の中で毎日昆虫採集してただけ!」
なんて言ってるのを見ますが。

よく耕された土地には、結果的に栄養の詰まった果実が育つように。

子供の頃に心を揺さぶる経験を沢山した子供は、いつしか世の中を前向きに見れるような人間になる。

でも。

それには何より大事なことは、

親も一緒に楽しむということ。

親子の思い出として、沢山の楽しい時間を共有すること。

そこに成功すれば、大変な中学受験も親子で乗り越えていけるのかなって思います。

そう。

中学受験って、ほんとに大変なんですよね。

特に御三家中学を受験するとなると、並大抵の努力では受からないということを痛いほど実感しました。

だからこそ、本格的に塾での勉強が始まる前に、沢山遊んで楽しい事を経験させてあげたい。

確固たる親子の信頼関係を築く。

厳しい受験勉強って、その土台の上でしか存在しえないんだな、
と、今改めて思っています。

★★★★★

ということで、今回は【中学受験を成功させる脳みそ作りは、遊びの体験だと実感!】というテーマでした。 


子供が成長するごとに、親子で一緒に何かを経験することって減っていきます。

親子でお出かけできるのって、ホントに一瞬です。

今でも娘に「週末○○しに行こうよ〜♪」と誘えば、ついて来てくれるとは思いますが。

早々に自立した娘からは、

「ママが私と行きたそうだから行くかぁ〜☆」
っていう雰囲気を感じるんですよね🙄

それだけ中学のお友達との付き合いが楽しいみたいだから、子育てとしては成功かな…???



レジャー・遊び体験予約サイト
【アソビュー】なら
・会員数630万人
・事前予約で当日スムーズに
・お得な遊べるクーポン利用可能♪ 
(๑´ڡ`๑)おすすめです💕


やりがいのある保育士の仕事💕
無料で資格の資料請求できます♪
↓↓↓

簡単60秒で資料請求!保育士講座の資料請求はこちら(無料)

保育士

【キッズライン】ベビーシッター