パート保育士が仕事と育児をつづる:チャイルドノート 

子育てに苦悩した主婦が、独学で保育士資格を取得。現在はパート保育士として保育園に勤務中。

帝王ローランド様が保育園訪問:家庭環境が子供に与える影響


こんにちは😊

独学で保育士資格を取得後、保育園でパート勤務をしている保育士ママです。

 

今回のテーマは【帝王ローランド様が保育園訪問:家庭環境が子供に与える影響】です。

 

「俺か俺以外か」というフレーズで有名な、ホスト界の帝王ローランドさんをご存知ですか?

 

彼の出ているテレビや、ユーチューブを何度か見たことがあるのですが。

 

「その辺の男と飲むドンペリより、俺と飲む雨水」

「俺が接客したらカニだって前向きに歩く」

など、思わず笑ってしまうような名言を残していて。

「徹底したオレ様感✨」に振り切っていて、見ていて清々しいですね。

 

そんなローランド様が。

保育園を訪問して子供達と触れ合っていたのです。

 

「保育園」と「ホスト」

永遠に交わることはないのではないか?と思われる組み合わせですが。

 

ローランド様曰く、

「ホスト自身やお客様の中には、家庭環境が複雑な子があまりにも多い」

「両親がいなかったり、子供の頃にお世話をして貰えなかったり」

「そんな子は愛情に飢えていて、寂しい部分が大人になっても残っている」

と感じる事が多々あったのだとか。

 

そこから

小さい頃の思い出とか環境って、ものすごく大事だと気づいた」とのこと。

 

どうしてそう思うようになったのか。

詳しいことは語っていなかったけれど。

 

きっとうまく人間関係が気付けなかったり、自分に自信が持てなかったり、単純に子供の頃の寂しさが心の傷となっていたり。

 

子供の頃の環境が、いかにその後のその人の人生に影響が出るか。

 

接客中に現場で沢山の人の話を聞く中で、

「心の傷の原因はここだ!」と、ローランド様は痛いほど感じているのでしょう。

 

そして

「何か子供達の役に立つことってないかな?」

と考え、小児がんの子供達のチャリティーに行ったそうです。

そこで、保育園を訪問する機会が与えられたそうで。

 

さすがはローランド様。

保育園に到着するやいなや

 

今日は(僕と)遊んでくれますか?」と一言。

 

この第一声に、ローランド様の人間性が全て現れていました。

 

子供に対しても、決して自分を大きく見せず。

「遊びに来てやったぞ」感は微塵も出さない。

 

あくまでも対等であることを、子供に伝える言葉のチョイス。

 

さすが、コミュニケーションの最高峰のような職業の「ホスト」で帝王でいるわけですな。

 

相手によって「オレ様キャラ」だったり「子供とお友達キャラ」だったり。

 

そんなローランド様。

 

「子供のどんな所が好きなのか?」

という質問に

「子供は嘘をつかないから好き」

と答えていました。

 

「大人は自分を守るために嘘をついたり、理由をつけて夢を諦めたりするけど、子供は自分のなりたいもの、欲しいもののために頑張るから」

と。

「だから素直で天使みたい💕」

とも言っていました。

大変な夜の水商売の世界の中で、きっと沢山の汚い大人や、夢を諦めた大人。嘘をつく大人を見てきたのでしょう…。

「子供といると心が洗われる😄✨」

と言っていたローランド様の言葉が、とても印象的でした。

★★★★★

ということで、今回は

【帝王ローランド様が保育園訪問:家庭環境が子供に与える影響】というテーマでした。

「実際に1回保育園を訪問したくらいで、子供の何が変わるのか?」という意見もあるかもしれません。

ですが、影響力のあるローランド様が「家庭環境が子供に与える影響の大きさ」を語る。

それだけで、少なからず変わっていくものはあると思います。

数あるローランド様の名言を調べていく中で、こんなものがありました。

生きていることが社会奉仕

ホストは

「女の人に甘い言葉をかけて、大金を巻き上げる最低な男の人」

そんなイメージしかなかったですが(すいません)さすが帝王は言うことが違いますね。




簡単60秒で資料請求!保育士講座の資料請求はこちら(無料)


保育士